日本プレイヤーのためのオンラインポーカー

新しい黄金期の到来とともに日本では、ポーカーの人気が爆発しました。ポーカーは、カジノでのプレイはごくささやかなもので、ほとんどがホームゲームで行われていましたが、今日ではとてつもなく人気のあるゲームとなっています。

カジノゲームはすぐに習得できますが、ポーカーはチェスのような緻密なゲームであるため、学習の旅は終わりがなく、世界クラスのプレーヤーでさえ戦略に何度も取り組み、プレーし続けています。

この非常に興味深い世界への旅に、あなたをお連れしましょう。このゲームがなぜこれほど多くの人々に、人気のギャンブルゲームであるのかをご紹介いたします。

日本のリアルマネーオンラインポーカー

日本でのオンラインリアルマネーポーカーは、依然として非常に人気があり、この影響により、ポーカーをプロとしてプレーするプレイヤーの数が、爆発的に増えています。多くのプレイヤーは、オンラインポーカーの合法性の混乱にも関わらず、市場に残っていた別のオンラインポーカーサイトでプレーし続けてきました。しかし、多くのプレイヤーが生計を立てるために、膨大なボリュームに頼っていたため、ポーカーのゲームに不釣り合いな影響を与えていました。最大手のサイトでは、数十台のテーブルを同時にプレーすることができますが、小規模なサイトでは、多くのアクションが発生する可能性がありますが、希望のゲームや賭け金でそれほど多くのテーブルをプレーできるほどではありませんでした。

オンラインポーカーは、ゲームが何年もの間厳しい状況だったのにも関わらず、今でも非常に健在です。オンラインでリアルマネーポーカーをプレーしていた初期の頃は、ルーズでワイルドなプレーが多く、巨大なポットや悪質なプレイヤーが驚くほど簡単にスタックから引き離されていました。この世界で成功するためにしなければならないことは、パックよりもタイトにプレイすることであり、それだけでかなりのアドバンテージを持ってプレイしていたのです。

モダンなポーカーのバリエーション

日本では、テキサス・ホールデムがポーカーシーンを席巻し、このバリエーションがポーカーの代名詞となっているにも関わらず、人々は他のバリエーションをプレーしています。ドローポーカーもかつては王様だったが、今ではほとんどプレイされていない。5カードスタッドもかつては王様のような存在のゲームでしたが、今ではホームゲームに追いやられ、もはやホームゲームでもプレーされなくなってしまいました。

ポーカーの基本はすべて同じで、目標はプリメロの古いゲームと同じで、最高のハンドを持っているか、またはデフォルトで他のプレイヤーが自分のハンドを放棄することで、ハンドを獲得することです。ハンドランキングは、ロイヤルフラッシュからストレートフラッシュ、フルハウス、フラッシュ、ストレート、スリーオブカード、2ペア、1ペア、ハイカードまであります。

ほとんどのゲームでは、最も高いハンドが勝ちますが、ローボールでは最高のハンドはA2346の6ハイですが、最悪のハンドを作ることが目標です。ローボールは今ではあまりプレーされなくなりましたが、今でもいくつかの場所でプレーされているのを見ることができます。

リアルマネーポーカーの主要な概念

カジノゲームのようにベットして運試しをするのではなく、ポーカーではカードと確率に基づいてベットすることができます。日本のポーカーゲームでは、カードを見る前にポットにお金を入れる必要はありませんが、最近のリアルマネーポーカーゲームではそうではありません。「ブラインド」と呼ばれるベットが必要な場合を除いては、一般的です。

ポーカーでは、ポットにお金が入っていないと、誰もがフォールドしてしまい、お金が手につかなくなってしまいます。ポットにお金が入っていなければ、勝つために賭けるものもありませんし、ポットにあるものに加えて何にでも勝つために、一定の金額を賭けます。ハンドが進むにつれて、他の金額が入る可能性があります。

ポーカーで勝つには2つの方法があります。1つはハンドランキングに基づいてベストハンドを見せる方法で、もう1つは他の人がハンドをフォールドするのを見てポットに勝つ方法です。ポーカーハウスは、ポットから一定の金額を引き出すことで利益を得ています。ですが、カリフォルニアのライブカードルームでは、現在の法律ではポットを引き出すことが認められていないため、時間単位の料金を請求することとなります。

テキサス・ホールデム

テキサス・ホールデム(最近では一般的にホールデムと呼ばれています)とは、ポーカーのバリエーションの一つで、各プレイヤーは2枚のスターティングカードを表向きに持ってきて、ショーダウンまで隠されたままにしておきます。

プレイヤーは交代でディーラーになりますが、ホームゲームでない限り、実際のディーラーがカードを配ります。リアルマネーポーカーをオンラインでプレーしている場合は、バーチャルディーラーがカードを配ります。ホールデムでは、ディーラーボタンを使って、どのプレイヤーが最後に行動するかを指定します。ディーラーのすぐ左隣のプレイヤーが最初に行動し、「スモールブラインド」を出します。 次のプレイヤーが「ビッグブラインド」を出します。通常はスモールブラインドの2倍の金額で、これが$1/$2とみなされます。

各プレイヤーは2枚のホールカードを受け取り、スモールブラインドからベットを開始します。プレイヤーはビッグブラインドをコールするかどうかを決めます。この例では、$2を出すか、レイズを入れるか、フォールディングするかを決めます。ホールデムにはリミット、ポットリミット、ノーリミットがありますが、最近ではノーリミットが最も人気があり、ベット額に制限がなく、テーブル上のチップをすべてポットに入れて「オールイン」することができます。

リミットポーカーでは、プレイヤーは1回のレイズにつき、1単位のレイズしかできません。ポットリミットには、ポット内の金額以上のベットが許されない以外の制限はありません。

他の人気のあるリアルマネーポーカーのバリエーション

オマハもコミュニティカードゲームの一つで、テキサス・ホールデムほどの人気はありませんが、日本ではリアルマネーポーカーの中で、2番目に人気のあるゲームになっています。オマハはホールデムと似ていますが、4枚のホールカードを手にし、そのうちの2枚のホールカードと、5枚のコミュニティカードのうち3枚を使って5枚のカードのベストハンドを作ります。

7カードスタッドはホールデムの前身と考えることができますが、7カードスタッドでは各プレイヤーは自分の7枚のカードセットをハンドにしますが、合計7枚の中からベスト5のカードを使います。ホールデムでは、7枚のカードのうち5枚を共有するプレーヤーによって、大きなハンドを獲得する可能性は高くありませんが、大きなハンドが互いに対戦する確率が高くなるため、ポットが大きくなり興奮レベルが高くなります。

5カードスタッドはスタッドポーカーの元祖で、7カードスタッドと同じようにダウンカードを1枚、合計5枚のカードを手にすることで、ハンドのサイズとポットのサイズが制限されます。ドローポーカーでは、プレーヤーはそれぞれ5枚のダウンカードを手に入れ、新しいカードを引くために必要な数のみを捨て、ハンドを決定します。

ポーカーの歴史

多くのギャンブルゲームと同様に、ポーカーの起源は泥沼化していますが、その誕生は18世紀、ルイジアナがフランスの植民地だった時代に起こったと考えられています。

現在のポーカーに似たゲームは、16世紀にヨーロッパで行われていたプリメロというゲームが最初で、プレイヤーは手札に賭けて、ショーダウンでは最高の手札が勝ち、また、プレイヤーはブラフで手札を出して、他のプレイヤーがフォールドして勝つこともできます。 これらがポーカーゲームの2つの主要な特徴であり、ポーカーはこの古いゲームのバリエーションと考えることもできます。

これは後にフランスのゲームブレランの作成につながったが、この種の賭けゲームが進化するにつれて、アイルランドのゲームポカとフランスのゲームポークを含む更なるバリエーションが作成された英国の彼らの自慢のゲームに適応された。 ルイジアナに移住したフランス人がポークをアメリカに持ち込んだと考えられていますが、そこからポーカーと呼ばれる新しいゲームが生まれ、ミシシッピ川を遡ってアメリカの他の地域に広まっていきました。

ニューオーリンズのポーカーは20枚のカードだけでプレイされていましたが、普及に伴い52枚のフレンチデックが採用されるようになりました。 19世紀には、フラッシュと呼ばれる同じスーツのハンドを追加したり、カードを引くことができるようになったりと、他の改良が加えられました。 南北戦争中には、ストレートが追加され、5枚のカードが連続して出てくるようになり、ハンドのランクが現代のスタンダードになりました。

この世紀には、スタッドポーカーから始まり、ワイルドカードが追加されました。 20世紀の変わり目には、ローボールやポーカーのコミュニティカードゲームが登場し、今日のポーカーシーンを支配するホールデムやオマハの前身となりました。

ポーカーは1970年にワールドシリーズオブポーカーが開催されてから人気が出始め、メディアで取り上げられるようになったことでポーカーゲームが大衆文化に浸透し始めました。 オンラインポーカーの出現、オンラインプレイヤーがワールドシリーズオブポーカーで優勝したこと、ワールドポーカーツアーが創設されたことで、ポーカーの人気は爆発的に高まり、現在のような名声を得ることができました。

ポーカーについてのよくあるご質問

なぜリアルマネーポーカーは人気があるのでしょうか?

多くのプレイヤーがポーカーを楽しむ理由はいくつかありますが、まず、ポーカーイベントがメディアで報道されていることからもわかるように、ゲームを見ているだけでも十分に楽しめるからです。 また、ポーカーはハウスの代わりに他のプレイヤーと対戦し、自分が相手よりも優れていれば、運次第で相手に勝つことができます。 他のゲームでは、時間の経過とともにお金を失うことが保証されていますが、このゲームでは、運が良ければ勝てると期待しなければならず、最終的には運が尽きてしまいます。 長い目で見るとポーカーは戦略が重要であり、チェスのように頭か尻尾かで勝負するのと同じように、ポーカーにおける戦略の量は膨大なものになります。

ポーカーにおけるブラフの役割とは?

ハッタリ対ポーカーというのは、ゲームをあまり理解していない人が、プレイヤーが推測を続けるためにハッタリを入れることがあると考えているからです。 優れたポーカープレイヤーがベットするとき、主に2つの要素、ショーダウンエクイティとフォールドエクイティがあります。 手札の強さで勝てるか、手札を投げた時に勝てるか、その両方を考慮に入れておく必要があります。 今日のポーカーでは、多くのポットがショーダウンしないので、対戦相手がフォールドする傾向が非常に重要です。

なぜポーカーではプレイヤーをプレイしなければならないと言われるのでしょうか?

それは、良いポーカープレイヤーは自分の手札ではなくプレイヤーをプレイするのではなく、実際には両方を考慮して、自分のカードと対戦相手のカード、対戦相手が持っているカードと対戦相手の賭けの傾向の両方をプレイするからです。 対戦相手の賭けの傾向は、実は最も重要なことなのです。 強い手札を持っていて、相手を怖がらせたくない場合には、あまり積極的にならない方がいい場合もあるが、手札が少なく、相手にフォールドしてもらいたい場合で、相手に十分なフォールドをさせることができて、ベットが利益になる場合には、そのベットは意味がある。

ホールデムやオマハのようなコミュニティカードゲームはなぜ人気があるのでしょうか?

ポーカーをプレイしたことがある人や、それなりに見たことがある人なら、数人のプレイヤーが強い手札を持っているときに、賭けが激しくなるかもしれないときに、最も面白い手札や最大のポットが出てくることを知っているでしょう。 5枚のカードを共有しているプレイヤーは、7枚のカードスタッドのように自分のカードを配られた場合よりも、手の強さが似ている傾向があります。 コミュニティカードゲームは、より多くのアクションを促進し、より多くのアクションは、より大きなポットと同様に、プレイヤーのためのより多くのエンターテイメントに等しい。

リアルマネーポーカーを学ぶのは簡単ですか?

ポーカーのルールはとても簡単です。 多くの人はすでに基本的な概念を持っていて、ハンドランキングやゲームの概念を知っていて、ポーカーは最高のハンドが勝つゲームだと思っています。 そして、上手にプレイする方法を学んでいくうちに、多くの手が誰にもカードを見せずに終わってしまうことに気付き、テーブルの上手なプレイヤーがどうやって勝つのかを観察するようになります。 そして、特定の対戦相手に合わせて戦略を調整しなければならないことを学び、適切な指導と指示があれば、自分の手と対戦相手の手を同時にプレイできるようになり、上達したいという意志以外の何物でもないことを学ぶことができます。

プレイヤーはプレイマネーとリアルマネーのどちらでポーカーを学ぶべきでしょうか?

ポーカーを学ぶのに一番悪い方法は、リアルマネーのポーカーとは全く似ても似つかないプレイマネーゲームに参加することです。 このようなゲームでは、実際には誰もが無謀なプレイをしていて、非常に悪いプレイをすることで報酬を得ることができます。 でも、1と2セントのリアルマネーゲームは、彼らが気にする方法で遊んでいるプレイヤーがあり、彼らは実際に嫉妬してペニーの彼らのスタックをガードする傾向があります。 賭け金の少ないキャッシュゲームや、バイインの少ないトーナメントで、ゆっくりとリアルマネーポーカーを始めるのがいいでしょう。

早くゲームを覚えるためにプレイするのに最適なポーカーの種類は何ですか?

リアルマネーキャッシュポーカーにはいくつかのフォーマットがあり、ゲームタイプも様々です。 プレイヤーが最も適したゲームタイプは、プレイヤーが楽しむタイプですが、一般的にはホールデムをマスターしようとするところから始めます。 ホールデムは様々な席が用意されているテーブルで行われ、主なものはフルテーブル、6マックス、ヘッドアップの3つです。 ヘッドアップでゲームを学ぶのは、自分よりも優れたプレイヤーと対戦し、自分の弱点を突いてくるヘッドアッププレイヤーと対戦して学ぶのが一番良い方法です。 最大のテーブルでも、通常は2人のプレイヤーが立ったままになることが多いので、1対1でのプレイが得意になれば、どのような形式でも勝てるようになるでしょう。

タイトなポーカーゲームに勝てますか?

最近のポーカーゲームは、平均ポットサイズが小さいタイトなゲームが多くなっています。 そのため、強いハンドの価値が下がり、プレイヤーは対戦相手に適応する能力が重要になってきます。 多くのハンドがショーダウンなしで決まる場合は、このようなハンドでのプレイを得意としなければなりません。 スキルの低いプレイヤーが十分に注意を払っていない最も重要なことの一つは、テーブルがあなたをどう見ているかということです。 例えば、あなたがまれにしか参加しない場合、あなたが何かを持っているときには小さなポットをいくつか渡し、持っていないときには残りのポットを取るでしょう。 普段からベットをしない人は、これらのゲームでは簡単にマークされてしまいます。

ゆるいポーカーゲームで勝てる方法とは?

どんなポーカーゲームにも勝つ方法は、テーブルの大多数のプレイヤーがやっていることに参加しないようにすることです。 対戦相手があまりにもタイトなプレイをしていて、フォールドが多すぎる場合は、相手にフォールドを続けるように促して、自分の取り分以上のポットを獲得するようにしたいものです。 皆がルーズなプレイをしている場合は、ビッグハンドで相手に対抗し、オーバーベットをした相手に罰を与えたい時です。 テーブルがどれだけルーズかタイトかではなく、どのくらいの頻度でショーダウンに行くかによって、プレイヤーを押し回すか、より良いハンドでプレイヤーを罠にかけるかが決まるのです。

最近のオンラインポーカーゲームで定期的に勝てるプレイヤーはいますか?

最近のオンラインポーカーゲームは、賭け金が少なく、勝率を上げるのが難しくなっています。 ブラインドは1回転ごとに3つの小さなブラインドを支払うことになりますが、ブラインドがあるからといって何度もフォールドすることはできません。 成功しているオンラインプレイヤーは、他のプレイヤーよりも積極的に参加する傾向があり、これが得意なプレイヤーもいます。 また、プレイヤーはレーキの一部をプレイヤーに還元する頻繁なプレイヤーボーナスを利用して、ゲームに勝つことを容易にし、利益を増やすことができます。

Scroll Up